不動産就活

21卒 デべ内定者インタビュー その11

21卒 デべ内定者インタビュー その11

総合商社、メーカー、デベ、外資IT業界など幅広く就活を行ったVさん
外資ITから内定を早々に受けるも日系大手デべの内定も受ける
海外留学経験もあり、商社向きとの人材に見受けられるも、不動産関連事業への意欲が高まり最終的に大手デべへの内定決定

※インタビュー対象者の個人情報と内定先は、個人及び会社の特定を避けるため、敢えて伏せております。

インタビュー対象者

仮名 Vさん
大学 東京都内 私立 文系
内定先 大手デベロッパー
卒業予定 2021年3月予定

就活スケジュール

インタービュー内容

Q 就活のスタート時期(意識を始めた時期)はいつ頃ですか?

大学3年の6月頃です。周りの学生が少しずつサマーインターンのESを提出し始め、私自身も始めないとなと思うようになりました。始めた当初はとりあえず自分の知っている企業に片っ端からエントリーしていました(笑)その中でも特に行きたいと感じた企業のESは先輩や社会人の方に添削をしてもらいました。また、選考フローにSPIもあったのでこのころから勉強も始めました。

Q 就活に当たって意識したことは何ですか?

会話を意識するということです。日常会話をするときには①相手の目を見て②相手の話をしっかり聞いて③キャッチボールを意識する ということが自然にできていると思います。ですが、いざ面接になると一方的に話してしまったりロボットのように返答をしてしまうことがあります。面接官も人です。楽しく会話できたほうがいい印象を残せます。会話を意識して、面接を楽しむようにしていました。

Q どんな業界を中心に受けましたか?

デベロッパー、商社、メーカーを中心に受けていました。どの業界も自分自身のバックグラウンドであったり、強みを最大限に活かすことができると考え志望しました。内定をゴールにしていたというよりは、入社後も活躍し続けることができるかということを見据えて就職活動を行っていました。

Q 就活で一番苦労したことは何ですか?

面接のスケジューリングにかなり苦労しました。いわゆる「クリック戦争」に負けてしまい、6月2日に面接が5個ありました。そして6月3日にも面接が5個あり、どの企業も受け切りたかったため、人事の方に直々に電話をして面接時間をずらしてもらいました。その際に、どの企業を優先させるかということにも頭を悩ませました。

Q 事前にやっておいて良かった事、逆にやっていないで後悔したことはありますか?

やっておいて良かった事は、外資の選考や日系の早期選考をたくさん受けて面接慣れしていたことです。面接の回数をこなすと、これを聞かれた後はこれを聞かれるだろうということが自然と分かるようになるうえ、何よりも緊張しなくなるため普段通りのパフォーマンスができました。
逆にやっていないで後悔したことはTwitterで情報取集をすることです。実際に働かれている方の生の声や元採用担当の方の意見は参考にできることが多いと思います。

Q 内定を獲得できた成功要因は何だったと思いますか?

ちろんご縁があったという部分も大きいですが、私という学生を採用すればその会社に如何にメリットがあるかということをうまく伝えることができたからだと思います。自分の売り込みに成功した+一緒に働きたいと思わせることができた この二つが大きな要因かなと思います。もう一度面接を受けても内定をもらえるという確証は正直ありません(笑)

Q 逆に、就活の失敗談があればお聞かせください。

失敗談は、面接の予約日時を遅めに設定していたということです。当初は早くに面接を受けると情報がなくて不利になってしまうと考えていたのです、実際は会社は優秀な学生にはどんどん内定を出すので私が受けるころには内定の枠がかなり狭まってしまい、競争率が上がってしまっていました。

Q 最後に、これから就活を始める学生さんにエールをお願いします!

自分自身の就職活動を振り返ると、私は妥協を一切しませんでした。今後働く会社に妥協して入社した場合、仕事で辛くなったときにあの時もっと就職活動を本気でやっていればな・・・と思っても時すでに遅しです。妥協せず、これまでやってきたことを信じて突き進めば、その頑張りはきっと報われます。周りで内定が出始めても焦らないでください。行くのは一社です。皆様の就職活動を心より応援しています。

参考にした情報

就職活動全般で参考にしたサイト

外資就活
サイレントの企業の結果が来たかどうかの判断軸としていました。
Open work
実際に働かれている方の生の声が見れます。そこから逆質問などのヒントにもなります。

実際に参加したイベント

特になし

参考になったTwitterアカウント

就活時はTwitterでの情報収集はしていませんでした。後悔しています(笑)

この内定者に相談してみたい!という方は、お問い合わせフォームでお問い合わせください。

内定者様の都合により、ご希望に添えるか否かは分かりません。
また、内定者様への交通費等をお支払いいただく必要がございます。

※必ずタイトルに「仮名〇〇さんへのコンタクト希望」とご入力ください。
※メッセージにお電話番号も入れていただけますと幸いです。

    -不動産就活
    -, ,

    Copyright© 不動産業ドットコム , 2021 All Rights Reserved.