宅地建物取引士

不動産業 宅地建物取引業

不動産業と宅建業は同じではありません!

殆どの不動産会社は、宅地建物取引業(以下、宅建業)を取得しておりますので、不動産業=宅建業者というのが、世間一般の認識だと思われます。 ただ、厳密には、不動産業の中でも、不動産に投資して単純にそれを賃 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 賃借人の権利強化

今回の民法改正では、不動産賃貸借の場面において、より賃借人の権利を強化する方向の改正が目白押しとなっています。 ここでは、賃借人の権限強化の規定について見てみましょう。 不動産オーナーにとっては、これ ...

不動産業

不動産関連プレイヤー【不動産開発業者(デベロッパー)】

不動産開発業者(デベロッパー)とは、土地を仕入れて建物を建築するという不動産に関わるリスクを全て負う主体であり、資本が脆弱な事業者に対する参入障壁が高いビジネスモデルと言えます。 デベロッパーは不動産 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 保証人への情報提供ルール

前回の記事にて、今般の民法改正にて不動産賃貸借契約の際の、個人保証人に対する極度額ルールが導入されたことを説明いたしました。 民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 保証人の極度額ルール 今回は、保証人 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 保証人の極度額ルール

今回の民法改正では、保証ルールが大きく改正されました。 改正内容については、従来の判例を明確化したものから、ルールを微調整したもの、新しいルールの導入など様々なレベルの改正があります。 特に、不動産関 ...

宅地建物取引士 宅地建物取引業

宅建業免許 事務所要件について

宅地建物取引業の免許制度は、そもそも悪徳不動産業者から素人の不動産購入者を守るという性悪説に立っていることから、様々な要件を事業者に課しております。 中でも、宅建業者の事務所や営業所には、厳しい要件を ...

宅地建物取引士 宅地建物取引業

宅建試験合格から開業までの流れ

宅建士の試験に合格後、独立して不動産屋(宅建業者)を開業する基本ステップについて解説します。 宅建業者には、個人業者と法人業者の区別がありますが、ここでは会社設立して法人にて宅建免許を取得する前提で大 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(売買)への影響: 契約不適合責任(深掘編)

前回の契約不適合責任(導入編)にて、今回の民法改正による「契約不適合責任」は、旧法の「瑕疵担保責任」のリニューアルバージョンである旨をザクっと解説いたしました。 民法改正と不動産業(売買)への影響:  ...

不動産民法

民法改正と不動産業(売買)への影響: 契約不適合責任(導入編)

今回の民法改正は、不動産取引関係の実務を根本的に変質させるものから、従来の裁判所の判例理論を条文化したものまで、様々なレベルのものがあり、何がどれだけの影響力を持つかがイマイチ分かりにくいものになって ...

不動産民法

民法改正が不動産業に与える影響

2017年5月26日に成立した民法改正が、いよいよ2020年4月1日から施行されることになり、不動産に関わる契約ルールも今後は改正民法を前提で処理されるようになります。 今回から連載で、不動産業におけ ...

Copyright© 不動産業ドットコム , 2021 All Rights Reserved.