民法改正

不動産書籍紹介 不動産民法 借地借家法

おススメ書籍 【コンメンタール借地借家法 】

書籍タイトル コンメンタール借地借家法 書評 日本評論社の法学シリーズ「コンメンタール」の借地借家法版 「コンメンタール」とはドイツ語で「逐条解説書」という意味だそうで、この書籍も借地借家法の条文を一 ...

不動産ファイナンス

不動産ファイナンス入門 その7【ローンと担保(人的担保)】

前回の「不動産ファイナンス入門 その6【ローンと担保(物的担保)】」説明の冒頭で、担保には物的担保と人的担保があることを説明しました。 今回は物的担保に対して、人的担保、つまり保証について説明してきき ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 賃借人の権利強化

今回の民法改正では、不動産賃貸借の場面において、より賃借人の権利を強化する方向の改正が目白押しとなっています。 ここでは、賃借人の権限強化の規定について見てみましょう。 不動産オーナーにとっては、これ ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 物件売買後の賃貸借関係

賃貸人、つまり不動産所有者が売買などで変更となった場合における「賃貸人の地位の移転」の規定が改正前民法にはありませんでした。 今回の民法改正にて、従来の判例理論を明確にして条文化しました。 一方で、不 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 敷金ルールの明確化

今般の民法改正で賃貸借契約における敷金の取扱いが明確化されました。 実は、旧民法では、敷金に関する規定ありませんでした。 今回、分かりやすい民法を作ろうということで敷金の定義をはっきりさせました。 と ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 保証人への情報提供ルール

前回の記事にて、今般の民法改正にて不動産賃貸借契約の際の、個人保証人に対する極度額ルールが導入されたことを説明いたしました。 民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 保証人の極度額ルール 今回は、保証人 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(賃貸借)への影響 保証人の極度額ルール

今回の民法改正では、保証ルールが大きく改正されました。 改正内容については、従来の判例を明確化したものから、ルールを微調整したもの、新しいルールの導入など様々なレベルの改正があります。 特に、不動産関 ...

不動産民法

民法改正と不動産業(売買)への影響: 契約不適合責任(深掘編)

前回の契約不適合責任(導入編)にて、今回の民法改正による「契約不適合責任」は、旧法の「瑕疵担保責任」のリニューアルバージョンである旨をザクっと解説いたしました。 民法改正と不動産業(売買)への影響:  ...

不動産民法

民法改正と不動産業(売買)への影響: 契約不適合責任(導入編)

今回の民法改正は、不動産取引関係の実務を根本的に変質させるものから、従来の裁判所の判例理論を条文化したものまで、様々なレベルのものがあり、何がどれだけの影響力を持つかがイマイチ分かりにくいものになって ...

不動産民法

民法改正が不動産業に与える影響

2017年5月26日に成立した民法改正が、いよいよ2020年4月1日から施行されることになり、不動産に関わる契約ルールも今後は改正民法を前提で処理されるようになります。 今回から連載で、不動産業におけ ...

Copyright© 不動産業ドットコム , 2021 All Rights Reserved.